05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

急遽、帝王切開で出産

2007.04.10 (Tue)



どうも。
夫のCruxです。
今日も妻のRIZにかわって、ブログに書き込んでみたいと思います。

18トリソミーの説明をうけた後の週末、妻は外出許可をとって、自宅で過ごしました。
その土、日曜日の2日間で、いろいろなことを話し合いました。
お腹のなかにいる子の名前を妻に教えたのも、そのときです。
「遥という名前にしようと思うんだけど。遥か遠くの遥だよ」
妻は喜んでくれました。気に入ったようです。

月曜日の午後、妻は病院にもどって再び入院。
ベットのところで話していまいたが、胎児の心拍数を計る時間がきたので、私は帰ることに。

車で自宅にもどる途中、携帯電話が鳴りました。液晶画面には病院の番号が。
「胎児の心拍数がかなり下がって危険な状態です。すぐに帝王切開で出産させたいので、病院にもどってきてください」
担当の医師にそういわれ、すぐに引き返しました。

「うれしい」という気持ちよりも、「不安」という気持ちのほうが強かったですね。
「無事に生まれるのか」というよりも、「我が家はこれからどうなってしまうのだろう」といったかんじです。
18:05  |  夫の日記
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。