05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

突然やってきた! 乳腺炎と3ヶ月コリック

2008.10.04 (Sat)

その日、なんの前触れもなく、おっぱいが痛い、寒気、だるくて節々が痛い、一気に熱が38.5℃と風邪のような症状が出ました。

はじめてのことでどうしていいかわからず、とりあえず搾乳機で搾って、冷やしながら痛みをこらえて夜を過ごしました。

次の日、助産師のいる産婦人科へ。

すぐに乳腺炎と診断され、おっぱいマッサージをしてもらい、詰まっているお乳を搾り出してもらいました。これがかなり痛い。

少しマッサージをすると、吸い残しの冷たいお乳が出てきました。

吸い残しが溜まっていたのが原因ようです。

それと食事。

カロリーの高いお肉類や、甘い物を摂ることが多く、乳腺炎になりやすいおっぱいにしていたことに、後悔と反省。

今は、野菜、魚などカロリーの低い和食中心にして、気を付けています。

あとはワイヤーの入ったブラジャーは血液の流れが悪くなり、詰まりやすくなるのでソフトタイプの物に変えました。

乳腺炎の一番いい対処法は、赤ちゃんにいっぱい飲んでもらうこと。

しこりのある部分を押しながら娘に飲んでもらいました(少し飲みずらそう)


病院でとんぷくと抗生物質を処方され、3日目くらいで痛みも落ち着いてきました。

乳腺炎の初期症状の対策として、葛根湯が効くそうです。

助産師さんが言ってましたよ。


~最近の娘~

こちらも突然やってきました。

はじめはビックリ。

夕方、通常の泣き方とはまったく違う激しさで、何をしても泣きやまず、「もしかして病気?」と思いました。

あまりの激しさに、パニック。

調べたら、「たそがれ泣き」、「3ヶ月コリック」というらしく、2、3ヶ月になったころ、夕方になると理由もなく激しく泣いて止まらない子がいるそうです。

ほんとうに夕暮れ時にやってきて、30分くらい激しく泣いた後は、なにごともなかったかのように、泣きつかれて寝てしまいます。

これも、娘が成長していく一つの過程だと考えて、おおらかな気持ちでいきたいと思います。

3~4ヶ月頃までには自然と消失するそうです。




14:52  |  育児
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。