05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ヒルシュスプルング病?

2008.09.17 (Wed)

ミルクを大量に吐いて、近くの小児科へ受診したことでわかりました。

レントゲンの結果、お腹全体にガスが充満していていました。

先生は「これだけガスがお腹に充満してたら、ミルクを吐いちゃいますよ。すぐ大きな病院に行ってください」といわれました。

大きな病院に移って、詳しく検査。

そこで、ヒルシュスプルング病の可能性が高いと言われました。


この病気を簡単に説明すると、腸壁にある神経細胞が一部欠損していることによって、腸内運動がうまくできない病気。

排便がうまくできず腸にガスや便が貯まります。


娘は直腸下部にわずかな無神経部分があるそうです。


神経の有無の細胞検査は全身麻酔の手術になります(腸内の組織的細胞の一部を削り、そこに神経があるかを検査)。

この検査をして、確定診断をつけます。


大学病院を紹介されたので、明日診てもらいます。

都内ではトップクラスの小児外科だそうです。


娘の今の症状は、お腹が膨らむ、ミルク後よく吐く、ガスが貯まり爆発的なうんちをする。

うちの子はこんな感じで症状があります。

う~う~とうなっていたのも苦しかったからでしょう。

ガスやウンチが出にくいため、なかなか熟睡できないでいます。

いきむと痛いのか泣いてしまい、かわいそうでたまりません。
 

まだ確定したわけではないのですが不安です。




12:44  |  育児
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。