09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

胎児精密超音波検査 ~30w6d~

2008.06.09 (Mon)

今日は胎児ドック検査でした。

超音波のビームが好きなのか、検査中はずっと足蹴りしてずーと動いてたんですよ。

元気でなにより。

赤ちゃんは31w5dくらいの大きさ順調でした。

それと、甘い炭酸水を飲んで検査する妊婦糖負荷がありました。結果は来週です。

検査後、医局長の先生に呼ばれたので何かあったのかとそわそわして待つこと10分。

最近、その医局長は学会があったようで、そのとき私が1年半前お世話になった港区のクリニックの院長にお会いしたとのこと。
あの時、8ヶ月目の妊娠中で遥の成長が止まってしまい、今の大学病院を紹介され、クリニックの先生とはそれ以来会ってなく、私がどうなったのか気になっていたようです。
それでクリニックの院長に、18トリソミーだったことや誕生死したことを説明したそうです。

そんなお話でした。

あとは今、「気になるようなことはないか」「不安なことはないか」と聞かれたので、いま担当してる先生のことを言ってみました。
27週からこの先生に変わって以来、こっちから言わないと胎児の大きさも教えてくれないし、頭と大腿骨しか診てくれないし、ほら頭がここねぇとかも言ってくれないし、超音波中の画像も見せてくれないし、こっちから言わないと超音波写真もくれないし、もー不安と不満がたくさん。

だから楽しみのはずの妊婦健診も憂鬱でした。

たぶん他の患者さんも思っているはず。

局長は「そのようなことはどんどん言ってください、すぐ先生変えましょう」ってあっさり変えてくれました。

どんどん言ってくださいって言われても、なかなか言いずらい。

ホントいい機会があってよかったです。

別にあともう少しの辛抱だからいいかなっと思ったけど、遥のときと同じ担当の医師に変えてくれたので、前回のことも分かってるしよかったです。

その先生はハイリスクの担当で本来なら診てくれないと思うんだけど、、診てくれることになりました。

あー、言ってみてよかった。


今週末、主人とベビーザラスに買出しです。

出産まであと46日。




17:41  |  三人目妊娠~出産
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。