07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

処置後の出血

2007.08.30 (Thu)

流産手術から2週間。

処置後の出血はそれほどでもなく一旦は止まったのですが、1週間が過ぎたころから、また生理の終わりのような出血がだらだら続きました。
気になったので、病院へ連絡して聞いてみました。

レバー状の塊と鮮血で、生理2日目以上の量がドバドバと出なければ、もう少し様子を見たほうがよいとのこと。自転車に乗ったり長時間歩いたりせず、安静にしたほうがいいそうです。

子宮の収縮は、中の血液を追い出すために、小さくなることを繰り返しながら、もとに戻っていくそうです。
個人差もありますが、2~3週間くらいは出血が出たり出なかったりするそうです。

とはいうものの、気になります。




スポンサーサイト
16:00  |  流産後の体調

帝王切開――遥が生まれた証

2007.08.29 (Wed)

唐突ですが、帝王切開したときのことを簡単に書いてみました。

昨年、妊娠32週のとき、赤ちゃんの発育が小さいといわれ、一週間ほど精密検査入院となりました。
すぐに羊水検査をしてもらい、2日後に18トリソミー(染色体異常)の結果がでました。

入院してからは、妊娠糖尿病と診断され、突然お腹の張りがひどくなってきたり、突然母乳が出てきたり、医師から「出産時に死産となるかもしれない」、「無事産まれてもそう長くは生きられない」と宣告され、精神的にすごく辛かったです。

検査入院から一週間が経ち、退院許可がでると思っていた矢先、NSTの診察中に胎児の心拍数が下がって危険な状態に。
急いで手術の同意書を書かされ、血栓予防の靴下を履き、夜7時すぎ緊急帝王切開となりました。
この1時間前には夜食を食べており、また、2、3日便秘が続いましたが緊急のため手術前の浣腸もありませんでした。

腰椎麻酔(下半身の痛みが無くなる)と硬膜外麻酔腰の併用。
注入したときは、ズキっとして少し痛く、だんだんと足がしびれるような感じになります。

手術中は寒気がしてブルブル震えて、お腹はグイグイ引っ張られてる間隔で痛みはなかったです。
ついでに子宮筋腫の手術跡も見たらしく、思ってたより縫い目が大きく、その傷をよけながら手術するため、けっこう大変だったみたいです。(2年前、別の病院で手術をしています)。
横切開した傷はかなり下のほうで12㎝くらいになりましたが、ここから遥が生まれた証となるので私はぜんぜん気になりません。

急な出産だったため、夫は病室に泊まることになりました(一応個室ですが、本当は泊まれません)。

術後、麻酔が切れてから頭痛と吐き気(案の定吐いてしまった)、傷の痛みに加えて子宮収縮の痛みがあり、痛み止の座薬を入れてもらいました。
1~3日目までは後陣痛があり、悪露も続きます。
血栓予防靴下を脱ぐと、足首がなくなるくらいパンパンにむくんでいたため、フットバスで血行をよくしてもらい、たくさん歩くように言われました。

4日目からだいぶ痛みも和らいできます。

食事は退院まで糖尿食。自分で血糖測定をして、退院のときには正常値に戻っていたので一安心。

検査入院を含め、14日間の入院で100万弱かかりました(出産費用52万円)。



11:44  |  帝王切開

子宝のお守り「さるぼぼ」

2007.08.25 (Sat)

070825.JPG

今日の基礎体温37.07

流産手術後も、次回トライするときの目安となるので基礎体温はつけています。

手術をした日に体温がガクっと下がったのですが、今は体温がけっこう上がっています。

しばらくはこんな感じなのかな。

流産後はホルモンバランスが崩れるので、あまり考えずゆっくり過ごします。


まだ少し先の話になるのですが、主人と温泉旅行にいく予定です。

そこで早速、本屋で温泉雑誌を探してたらこれを見つけました。

温泉雑誌(じゃらん)の付録についている『ご当地お土産フィギュア・岐阜県飛騨高山 さるぼぼ』です。

子宝のお守りで有名ですよね。

さるぼぼの付録が欲しかったので買ってしまいました(3センチくらいの小さいキーホルダーです)。

他には、北海道木彫り熊、福島の赤べこ、宮崎の鳴子こけし、沖縄のシーサーがありましたよ。




14:40  |  未分類

術後の検診

2007.08.24 (Fri)

流産手術から一週間。

昨日病院へ行ってきました。

内診と、今後の生活のことについての説明がありました。

内診では子宮の状態は問題なく、1ヶ月後に生理がくるそうです。

1回生理がきたら妊娠可能ですよと言われました。

赤ちゃんの病理検査の結果は問題ありませんでした。


~術後の体調~

体温は36.7度前後で高温期が続いています。

出血は生理の5日目くらいの量が続き、一週間でほぼ無くなりました。

お腹は、手術をして2,3日後に右側が張っているように重たい感じの痛みがあり、その後は痛みなし。


この一週間は突然悲しんだり、イライラしたり、とっても元気がでなくて、自宅にこもって寝てばっかりの生活でした。


今後不安はあるけど、できれば早めに妊娠へと進みたいです。

またいつか赤ちゃんに会える日を願って……。



13:38  |  流産後の体調

また一人、天使になりました

2007.08.17 (Fri)

昨日の朝、7週と4日目のベビーちゃんとお別れしました。


1週間前に医師から「6週目にしては胎嚢が小さい(13.4㎜)」と言われました。出血があったこともあり、不安をかかえながらその日は帰宅。

卵黄嚢はしっかりと見えていたので、きっと来週には大きくなっいてると自分で言い聞かせながら過ごしていました。


1週間後、期待と不安のなか内診へ。

超音波画像をみた瞬間、自分でも赤ちゃんが育っていないことがわかりました。


15日に入院となり、ラミナリアをいれ、翌日手術というスケジュールでした。


ラミナリア挿入時は、あまりの痛さに意識を失いそうになり、血圧が80以下に下がってしまい、数人の看護婦さんがとんで来たのを覚えています。

気づいたときには病室に戻っていて、点滴をされ汗がびっしょりでした。

ラミナリアを挿入するときに子宮口の入り口をつままれます。そのときの反射で、まれに血圧が下がる人もいるそうです。
でも、私ほど血圧が下がる人はあまりいないそうです。


16日の手術は朝9時からで病室に戻ったのが9時半。

静脈麻酔で痛みもなく、眠ってる間に終わっていました。



その日の夕方帰宅。

遥の初盆の送り火を焚いて無事に送ることができました。

お盆の初日しか一緒にいられなかったです。

お空の上で姉妹2人で遊んでいてくれているかなって思いながら、主人の前で泣いちゃった。


お腹にいたベビーちゃんは7週と4日という命だったけど私たちの子供です。

ママのところに来てくれてありがとう。

お腹のなかで育ててあげられなくてごめんね。

そしてまたいつか会おうね。


つらくても前へと進んでいかなくてはなりません。

私たちはまた頑張っていきます。





16:54  |  二人目妊娠~流産

稽留流産

2007.08.15 (Wed)

昨日、7週と2日の検診で胎芽の確認ができませんでした。

明日手術のため、今日これから入院となります。

本当に残念で悲しいです。




11:11  |  二人目妊娠~流産

初盆

2007.08.13 (Mon)

遥が亡くなって8ヶ月。

今日は月命日と、初の盆です。

私たちにとっても意味のあるお盆となりました。


先程、玄関前にオガラを焚いて無事に迎えることができました。
祭壇には、お供えやお飾りが盛大に飾られていて、きっと遥も喜んでいることでしょう。

初盆に際して何を準備していいのか、どう段取りをつけるのか、主人と相談して普通に迎えようってことに。
提灯は毎年のことを考え、灯りがついて回るものを選びました。(普通初盆の提灯は白い無地のものを使用するのですが)


いつも一緒にいるんだろうけど、今日はより近くに遥を感じることができる日です。

たくさん遥を感じながら過ごしたいと思います。




18:59  |  遥とずっと一緒

花火大会

2007.08.05 (Sun)

昨夜は近所で花火大会がありました。

月日がながれるのははやいものです。

昨年の花火大会では、お腹に妊娠5ヶ月の遥がいて、私たち夫婦は「来年の今頃は家族3人で見てるんだね」って楽しみにしていました。

それなのに遥がいないのはどうして……。

久しぶりに主人の前で大粒の涙を流しちゃったよ。

それを見た主人は「ちゃんとここにはるちゃん居るよ、4人で花火見てるよ」って言ってくれて感動しちゃいました。

そうだね、遥とお腹にいるベビーちゃんとパパママの家族4人で見てるのねって。


今年の花火は、いつもより特別、綺麗に見えた気がします。

はるちゃん、また来年も一緒に見ようね。


~今日の体調~

体温37.12 今日から6週目にはいりました。
出血して2日が経ちますが今は止まっています。




10:59  |  二人目妊娠~流産

ほんの少しの出血が…

2007.08.04 (Sat)

今日の体温37.04   5w6d

昨日の夕方、トイレに行ったとき、おりものにまじった少量の血がティッシュについていて、青ざめてしまいました。

一瞬不安が過ぎりました。


茶褐色でお腹の痛みはなく、すぐに止まったので落ち着いて様子をみることに。

でも、主人は病院に電話して聞いてみたほうがいいというので急いで連絡。

看護士に症状を伝えると、

「丁度、5週目くらいの時期は胎盤ができていく過程での出血と考えられ、妊娠初期の出血で1番多いケースなので、まず心配ないでしょう。鮮血で量も多く、だらだらと続いて生理痛のような痛みがあるなら病院へ来て下さい」。

とくに安静にしなさいという指示はありませんでした。

とりあえずは、昨日の出血が一回で止まり痛みもないので安静にして様子を見ています。

妊娠がわかってすぐなのに不安になっちゃうよ。

無事にベビーちゃんが育っていることを祈るばかりです。

~今日の体調~

・出血なし
・便秘がち
・胸の張りなし
・乳首がチクチク
・眠くてたまらない
・つわりはまだない




13:47  |  二人目妊娠~流産
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。